雀魂 オリを覚えよう!

立直(リーチ)が掛かったら!

スジ

まず立直者の捨て牌を確認しましょう! 

 スーソウが切られています。

 スーソウが切られていると言うことは、

 リャンサンソウ、ウーローソウでの形の待ちが無いと分かります!もしその形でテンパイしていたらフリテンになってしまうからです!

なので基本的には、

 スーソウが切られていたら

イースーチーソウ は、当たらないので、切る事ができます。

※ただし単騎待ち、シャボ待ちの場合は例外です。

ワンチャンス、壁!

まず捨て牌、手牌を確認しましょう!

七萬が捨て牌に3つ、手牌に1つあります。麻雀は同じ牌が4つしか存在しないゲームなので、7萬より上の牌でターツの形が存在しない事で、八萬、九萬が、ほとんどの確率で通る事が分かります!

※ただし単騎待ち、シャボ待ちの場合は例外です。

※ワンチャンス:同じ牌を3つ確認出来る場合 

※壁:同じ牌を4つ確認出来る場合

リーチ宣言牌、付近は危険!

リーチ宣言牌は六索です。その付近の牌は基本危険です!現に待ちは『5、8索』です!

一巡前のイーシャンテンの形を見てみましょう!

イーシャンテンの構えとして、順子と暗刻に対応した形に構える事が多いです!『5、8索なら順子』『6索なら暗刻』

このことからリーチ宣言牌の周りは危険と覚えておこう!

間四軒

間四軒とは放銃となる可能性の高い裏スジが2つ重なった状態。

捨て牌のうち間が、4つ開く数牌である。

例えば捨て牌に、2、7とあった場合、45と持っている可能性が高く、3、6が危ないと推測出来る。

オリを意識するタイミングは?

基本的に麻雀はテンパイまで平均6〜8巡かかると言われています。なので8巡目になったら基本1人はテンパイしていると思ってプレイしてみましょう!

麻雀は4人で行うゲームなので、基本的にはオリがほとんどです。他のプレイヤーのテンパイを意識することで、放銃率も下がり得点を失わずに済みます!

オリてばかりでは麻雀は勝てません!勝負出来る手牌かそうでないか見極めゲームを進めなくてはなりません。

基本的な平和の完全イーシャンテンなら次巡にテンパイする確率は16%だと言われています。平和のイーシャンテンなら13%になります。このように確立を考えながら麻雀を打つと効率よく手牌を進められます。

シェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です